身体の柔軟度も日々の快適な生活には欠かせません

身体の健全度の目安として自分なりの健康テストを行っています。腰をおろして思い切り足を大きく横に開いて、かかととかかとの間をメジャーで測ります。その距離を自分の身長で割って100を掛けます。この数字が100以上なら柔軟度は合格となります。90以上なら中程度の合格です。90に満たない場合は柔軟体操で柔らかな身体作りを心がけなくてはいけません。柔らかさには共通性があるのでこのテストで全身の柔らかさがわかるのです。股の関節の硬さは、足からの衰えを早めることになってしまうのです。肩関節のテストは、右腕を上から左腕を下から回して背中で組めるかをテストします。どちらの手が上でも自由に手をつなぐことができれば合格です。肩の柔軟性は満点なので肩こりはありません。片手だけつなげる場合は中程度の合格とします。どちらも無理な場合は、肩こりをとって肩の関節を柔らかにする体操で改善に努めるようにします。身軽であることが健康の秘訣なのです。アイフル 審査 流れ